@YMC RENTAL SERVER SERVICE お知らせお問い合せ各種申請
YSシリーズ マネージドサーバー カスタムサーバー その他のプラン お問い合せ 各種申請
 カスタムサーバー

phpPgAdmin のインストールについて

PostgreSQL をより手軽に管理・運用するには、phpPgAdmin のご利用をおすすめします。
phpPgAdmin はウェブから PostgreSQL を操作でき、データベースの作成からデータの閲覧・編集までほとんどの作業を行うことができます。

対象

  • カスタムサーバー

インストール手順

ここでは作業を簡単にするために、弊社サーバーからのダウンロード方法を説明します。また、インストールする内容は以下の通りとします。


作業ディレクトリ /tmp
インストールディレクトリ /var/www/html/phpPgAdmin/
URL https://(お客様ドメイン名 または IP アドレス)/phpPgAdmin/
ユーザー名 admin
パスワード ユーザー作成時に設定したもの

1. phpPgAdmin のダウンロードについて

phpPgAdmin のパッケージに関しては、弊社でもご用意しております。
ここでは作業を簡単にするために弊社でご用意している phpPgAdmin 4.0.1 での説明をいたしますが、その時点の最新版をダウンロードしてご利用されることをお勧めいたします。
最新版に関しては、phpPgAdmin のホームページよりダウンロードをお願いいたします。

※ phpPgAdmin 4.0.1 以外バージョンでは作業手順が異なる場合があります。

2. サーバーへのログイン

phpPgAdmin のインストールには、root 権限でのコマンドライン作業が必要となります。
SSH による作業について」のページをご覧になり、サーバーにログイン後 root 権限に切替えてください。

3. phpPgAdmin のインストール

phpPgAdmin のインストール作業には root 権限が必要となりますで、su コマンドで root に切替えた後に下記を参考に作業を行ってください。
また、初期設定状態からサーバーの設定を変更されている場合には、この手順ではインストールができない場合がございます。

作業内容

  1. yum コマンドで必要なパッケージをインストールする
    yum install -y php-pgsql
  2. 作業ディレクトリに移動する
    cd /tmp
  3. wget コマンドで phpPgAdmin をダウンロードする
    wget http://archive.ymc.ne.jp/mirror/source/phpPgAdmin-4.0.1.tar.bz2
  4. ファイルを展開する
    tar jxf phpPgAdmin-4.0.1.tar.bz2
  5. インストールディレクトリにコピーする
    cp -r phpPgAdmin-4.0.1 /var/www/html/phpPgAdmin
    chown -R apache:apache /var/www/html/phpPgAdmin
  6. SSL でのみアクセスを許可するように設定をする
    以下の内容で /etc/httpd/conf.d/phpPgAdmin.conf ファイルを作成してください
    <Location /phpPgAdmin>
      SSLRequireSSL
    </Location>
  7. httpd サーバーを再起動する
    service httpd restart

実行例

[root@www ~]# yum install -y php-pgsql
Setting up Install Process
Setting up repositories
・・・中略・・・
Installed: php-pgsql.i386 0:4.3.9-3.12
Complete!
[root@www ~]# cd /tmp
[root@www tmp]# wget http://archive.ymc.ne.jp/mirror/source/phpPgAdmin-4.0.1.tar
.bz2
--10:23:39--  http://archive.ymc.ne.jp/mirror/source/phpPgAdmin-4.0.1.tar.bz2
           => `phpPgAdmin-4.0.1.tar.bz2'
・・・中略・・・
10:23:39 (11.20 MB/s) - `phpPgAdmin-4.0.1.tar.bz2' saved [2013450/2013450]

[root@www tmp]# tar jxf phpPgAdmin-4.0.1.tar.bz2
[root@www tmp]# cp -r phpPgAdmin-4.0.1 /var/www/html/phpPgAdmin
[root@www tmp]# chown -R apache:apache /var/www/html/phpPgAdmin
[root@www tmp]# vi /etc/httpd/conf.d/phpPgAdmin.conf
[root@www tmp]# /etc/init.d/httpd restart
Stopping httpd:                                            [  OK  ]
Starting httpd:                                            [  OK  ]
[root@www tmp]# 

※ インストールされるバージョン等は実行例と異なる場合があります

phpPgAdmin の URL にアクセスして初期画面が表示されるかどうか、確認してください。「ようこそphpPgAdminへ。」と表示されれば、インストールは完了です。
この時点では設定が完了していないために操作ができませんので、次の設定作業に進んでください。

4. phpPgAdmin の設定

phpPgAdmin は、初期設定では PostgreSQL の管理ユーザーでのログインは許可されていないため、phpPgAdmin 用の管理ユーザーを作成します。

作業内容

  1. su コマンドで PostgreSQL の管理ユーザーの postgres に切替える
    su - postgres
  2. createuser コマンドで phpPgAdmin 用の管理ユーザーとして admin を作成する
    パスワードは3回入力を求められますが、1・2回目が admin のパスワード、3回目が postgres のパスワードです
    createuser --adduser --createdb --pwprompt --encrypted admin

実行例

[root@www ~]# su - postgres
-bash-3.00$ createuser --adduser --createdb --pwprompt --encrypted admin
Enter password for new user:
Enter it again:
Password:
CREATE USER
-bash-3.00$ exit
logout
[root@www ~]#

5. phpPgAdmin のログイン方法

phpPgAdmin は複数のサーバーを管理できるようになっていますので、トップページにはログイン画面が表示されません。
以下の手順でログインを行ってください。

  1. phpPgAdmin のログイン画面にアクセスする
    https://customer.ymc.ne.jp/custom/guide/images/phpPgAdmin/top.png
  2. サーバーを選択し、ログイン画面を表示する
    サーバー一覧の PostgreSQL をクリックするとログイン画面が表示されます
    https://customer.ymc.ne.jp/custom/guide/images/phpPgAdmin/login.png
  3. phpPgAdmin にログインする
    PostgreSQL に登録してあるユーザーであれば、そのユーザー権限内での利用が可能ですが、初回は admin でログイン後、動作を確認してください。なお、パスワードはOSのものではなく先ほど設定したパスワードとなります。
    https://customer.ymc.ne.jp/custom/guide/images/phpPgAdmin/login_top.png


Copyright (c) GMO GlobalSign Holdings K.K. All Rights Reserved.