@YMC RENTAL SERVER SERVICE お知らせお問い合せ各種申請
YSシリーズ マネージドサーバー カスタムサーバー その他のプラン お問い合せ 各種申請
 各種申請について

ドメイン名について

ドメイン登録者情報の公開について


ドメイン登録者情報はインターネット上のWhoisを通じて公開されます。

ドメイン登録者情報は、ドメインを保有する正当な権限を持つ方の正しい情報を開示しなければなりません。 これは、すべてのレジストラ(ドメイン登録業者)に義務づけられており、主に以下の目的で提供されています。

  • ホームページ・メールなどでの不正利用(フィッシングサイトやスパムメール)など、ドメイン利用に関する問題発生の際の連絡のために必要な情報を提供
  • ドメイン名と商標等に関するトラブルの自律的な解決のために必要な情報を提供

登録内容に変更のある場合には、「ご契約内容に関するお問い合せ」よりご相談ください。

登録者名に関しての変更は、弊社が認める正当な理由がない限り行っておりませんので、ご了承ください。

しかしながら、迷惑メール増大への対応や個人情報保護のため、弊社では以下のような対応を実施いたしております。

JPドメインについて

汎用JPドメイン(○○○.jp)に関しましては、「公開連絡窓口情報」を指定事業者である @YMCの情報で登録いたしております。従いまして、Whoisで表示されるのは登録者名のみとなります。

なお、属性型JPドメイン(.co.jp/.or.jpなど)に関しましては、1つの組織に対してはドメイン名1つだけしか登録できないため、登録者情報に関しましては非公開とすることはできません。

JPドメイン以外のドメインについて

.com/.net/.org など JPドメイン以外のドメインでは、 Whois情報保護サービスを提供しております。
Whois情報保護サービスは、Whoisに掲載されるドメイン登録情報の登録者名以外の個人情報の代わりに、@YMCの情報を掲載させていただくものです。詳しくは、「Whois情報保護サービス」のページをご覧ください。
お申込は「Whois情報保護サービスお申し込みフォーム」よりお願いいたします。

契約者名義以外でのドメイン取得について

サーバーサービス利用契約者とドメイン登録者が異なる場合は、契約者は登録者に対して申請前に以下の内容を説明し、了承を得ているものとします。

  • ドメイン名管理のため登録者情報が利用される
  • Whoisによって登録者情報を提供することを義務付けられている
  • その他、ICANNによる各種規定やドメイン名運用に関する慣習に従う

他社で取得したドメイン名について


他社で取得されたドメインの管理・更新は、お客様の方でドメインを取得された業者(レジストラ)を通じて引き続き管理を行っていただくことになります。
しかしながら、ドメインの管理もサーバー契約と合わせて弊社で一括管理をご希望の場合には、ドメインのレジストラ移管(指定事業者変更)を行う必要があります。

ドメインの管理を@YMCへ変更ご希望の場合には、下記内容をご確認のうえ、フォームより申請を行って下さい。

ドメインのレジストラ移管(指定事業者変更)に関しましては、ドメインの登録状況などによっては行えない場合があります

JPドメインについて

JPドメイン(.jp/co.jp/ne.jp/or.jpなど)は、指定事業者制度が設けられており、各種申請やドメインの管理は指定事業者にて行うようになっております。
ドメインの管理を@YMCへ移される場合は「指定事業者変更」により指定事業者を弊社に変更する必要がありますので、「ご契約内容に関するお問い合せ」より申請を行って下さい。

問い合わせ記載例:@YMCへ指定事業者変更希望 ドメイン名:○○.jp

なお、指定事業者変更に関しての詳細につきましては「@YMCへの指定事業者変更について」のページをご覧ください。

JPドメイン以外のドメインについて

.com/.net/.org など JPドメイン以外のドメインでは、「レジストラ」と呼ばれる管理会社を通して各種申請を行うようになっております。
ドメインの管理を@YMCへ移される場合は「レジストラ移管」により弊社の利用するレジストラ(お名前.com)へドメイン管理の移管を行う必要がありますので、「レジストラ移管申請フォーム」より申請を行って下さい。

なお、レジストラ移管に関しての詳細につきましては「@YMCへのレジストラ移管について」のページをご覧ください。



Copyright (c) GMO CLOUD K.K. All Rights Reserved.