@YMC RENTAL SERVER SERVICE お知らせお問い合せ各種申請
YSシリーズ マネージドサーバー カスタムサーバー その他のプラン お問い合せ 各種申請
 その他のプラン

Outlook Express 6 のサブミッションポートの設定方法

1. Outlook Express を起動し、[ツール]メニューの[アカウント]をクリックします。

Outlook Express を起動し、[ツール]メニューの[アカウント]をクリックします。

2. [メール]タブをクリックします。

[メール]タブをクリックします。

3. [プロパティ]ボタンをクリックします。

[プロパティ]ボタンをクリックします。

複数のアカウントを設定している場合はサブミッションポートを設定したいアカウントを選択してから[プロパティ]ボタンをクリックします。

4. [サーバー]タブをクリックします。

[サーバー]タブをクリックします

5. 「送信メール(SMTP)(U):」は「受信メール(POP3)(I)」と同じ設定にします。

「送信メール(SMTP)(U):」は「受信メール(POP3)(I)」と同じ設定にします。
「サーバー開始通知書」の「メール受信(POP)サーバー」をご確認下さい。

6. 「送信メールサーバー」の「このサーバーは認証が必要(V)」のチェックボックスにチェックします。

「このサーバーは認証が必要(V)」のチェックボックスにチェックします。

7. 「設定(E)」ボタンを押します。

「設定(E)」ボタンを押します。

8. 「ログオン情報」で「受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)」を選択します。

「受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)」を選択し、[OK]を押します。

9. [詳細設定]タブをクリックします。

[詳細設定]タブをクリックします。

10. [サーバーのポート番号]の部分で「送信メール(SMTP)(O)」において「25」→「587」に変更します。

「送信メール(SMTP)(O)」において「25」→「587」に変更します。

ポート番号を変更することにより、サブミッションポートでメールを送信
できるようになります。
最後に[OK]ボタンを押し、[プロパティ]ダイアログボックスを閉じ、
[閉じる]ボタンを押し、[インターネットアカウント]ダイアログボックスを閉じます。



Copyright (c) GMO GlobalSign Holdings K.K. All Rights Reserved.