@YMC RENTAL SERVER SERVICE お知らせお問い合せ各種申請
YSシリーズ マネージドサーバー カスタムサーバー その他のプラン お問い合せ 各種申請
YSシリーズ
ガイドコンテンツ
トップページ
ご利用の手順
メールの設定
Windows
Outlook EX6.0の設定
Microsoft
Outlook 2003の設定
SMTP AUTHの設定
POP over SSLの設定
Macintosh
Outlook EX5.0の設定
Mailの設定
 FTPの設定
FFFTPの設定
Fetchの設定
Internet Explorerの設定
CGIの設定
簡易掲示板の設定
スレッド式掲示板の設定
アクセスカウンタの設定
フォームメールの設定
SSI用CGIの設定
SSLの設定
共用SSL
独自SSL
アクセス統計の設定
Analog
Urchin
MIMEタイプ
MIMEタイプ一覧
メーリングリスト
ご利用方法
SiteBuilder
SiteBuilder4.5 へのバージョンアップ手順
POP over SSLの設定方法



POP over SSLは、メール受信の際、SSLを用いて暗号化した通信を行なうセキュリティ機能です。
Outlook Expressなどのメールソフトと当社サーバの間に流れるデータを暗号化します。
以下にOutlook Express6.0 以上の設定方法をご案内します。
メールの送受信の設定をされていない方はこちらを参考に、設定後にご覧下さい。

● Outlook Express 6.0 以上の設定方法

OutLookExpressを起動後、【ツール】から【アカウント】を開いてください。



POP over SSLの設定をするアカウントを選択し、【プロバティ】を選択します。

「アカウント」画面が開きます。
  • 「新規」を選択してください。
  • 「メール」を選択してください。


  • 【詳細設定】のタブを開き、受信メール(POP3)のすぐ下にある、「このサーバはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要」にチェックを入れます。
    受信メールPOP3のポート番号が995になります。

    ※送信メール(SMTP)の設定は変更しないでください。



    【適用】を選択後、【OK】で閉じてください。 

    ※受信を行うと、以下の警告ウィンドウが表示されます。
    「はい」を選択してそのまま受信作業を行ないます。  






    Copyright (c) GMO GlobalSign Holdings K.K. All Rights Reserved.