@YMC RENTAL SERVER SERVICE お知らせお問い合せ各種申請
YSシリーズ マネージドサーバー カスタムサーバー その他のプラン お問い合せ 各種申請
YSシリーズ
ガイドコンテンツ
トップページ
ご利用の手順
メールの設定
Windows
Outlook EX6.0の設定
Microsoft
Outlook 2003の設定
SMTP AUTHの設定
POP over SSLの設定
Macintosh
Outlook EX5.0の設定
Mailの設定
 FTPの設定
FFFTPの設定
Fetchの設定
Internet Explorerの設定
CGIの設定
簡易掲示板の設定
スレッド式掲示板の設定
アクセスカウンタの設定
フォームメールの設定
SSI用CGIの設定
SSLの設定
共用SSL
独自SSL
アクセス統計の設定
Analog
Urchin
MIMEタイプ
MIMEタイプ一覧
メーリングリスト
ご利用方法
SiteBuilder
SiteBuilder4.5 へのバージョンアップ手順
ご利用の手順

YSシリーズは、契約者アカウントではFTP接続はおこなえません。
ウェブサイトを運用するためには、コントロールパネルとなる コントロールパネル より「ドメイン管理者」または「サイト管理者」のユーザーを作成してください。



■コンテンツのアップロードについて

1. 契約者アカウントにて、コントロールパネルへアクセスし、ドメイン管理者またはサイト管理者のユーザーを作成します。
ユーザーの作成方法については、コントロールパネルユーザーズガイドをご覧下さい。
2.   FTPソフトにて接続しコンテンツをアップロードします。
※FTPに必要な情報は、該当ユーザーでコントロールパネルへログイン後、「個別ユーザー管理」内の「ユーザー情報」にて確認ができます。

FTPソフトの設定例は、以下の通りです。

<ドメイン名で接続できる場合>
FTPサーバー名 :ftp.お客さまのドメイン名
FTPアカウント名:FTPアカウント( ユーザー名@ドメイン名 )
FTPパスワード :該当ユーザーのパスワード

<ドメイン名で接続できない場合>
FTPサーバー名 :FTPサーバーのIPアドレス
FTPアカウント名:FTPアカウント( ユーザー名@ドメイン名 )
FTPパスワード :該当ユーザーのパスワード

「ドメイン管理者」の権限で接続した場合は、サーバー内の「www.お客さまのドメイン名」というフォルダが表示されます。
ウェブコンテンツは、「www.お客さまのドメイン名」のフォルダの中にアップロードします。
「サイト管理者」の権限で接続した場合は、「www.お客さまのドメイン名」というフォルダの中身が表示されます。
「一般ユーザー」の権限で接続した場合は、該当ユーザーに割り当てられたサーバー内のフォルダの中身が表示されます。

※FTPソフトの設定方法に関しては、YSシリーズ活用ガイドをご覧ください。

3.  

アップロードしたコンテンツが表示されるか確認します。

<ドメイン名で接続できる場合>
http://お客さまドメイン名/ へアクセスし表示をご確認ください。

<ドメイン名で接続できない場合>
YSシリーズでは、プレビューサーバーの機能を利用することで、ドメイン名で接続できない場合でも表示を確認することができます。
プレビューサーバーを使った確認方法については、コントロールパネルユーザーズガイドをご覧ください。
なお、プレビューサーバーを利用して表示を確認する場合には、画像のリンク先は相対パスで指定していない場合は表示されませんのでご注意ください。



■eメールのご利用について

  eメールはコントロールパネル よりユーザー登録時に作成が可能です。 メールアドレスは、ユーザー名@ドメイン名 となります。
※メールソフトの設定に必要な情報は、該当ユーザーでコントロールパネルへログイン後、
 「個別ユーザー管理」内の「ユーザー情報」にて確認ができます。

メールソフトの設定例は、以下の通りです。

<ドメイン名で接続できる場合>
 eメールアドレス    : ユーザー名@ドメイン名
アカウント名 :POPアカウント(eメールアドレスと同じです。)
 パスワード :該当ユーザーのパスワード
 受信メールサーバー(POP3):pop.お客さまのドメイン名
 送信メールサーバー(SMTP):smtp.お客さまのドメイン名

<ドメイン名で接続できない場合>
 eメールアドレス    : ユーザー名@ドメイン名
アカウント名 :POPアカウント(eメールアドレスと同じです。)
 パスワード :該当ユーザーのパスワード
 受信メールサーバー(POP3):POPサーバーのIPアドレス
 送信メールサーバー(SMTP):SMTPサーバーのIPアドレス



■CGIのご利用について

独自CGI

/HOME 配下のディレクトリー及び、サーバーシステム側にあるfreecgi.icon以外であればどのディレクトリーでもご利用可能です。


コマンドのパス

perl /usr/bin/perl
sendmail /usr/sbin/sendmail

コントロールパネル のユーティリティ項目のコマンド検索にてサーバー内で使用可能な外部コマンドの検索が可能です。

※チャット、検索エンジンといったサーバーに負荷を掛けるCGIご利用に関しては、使用を禁止させていただいております。

※お客さまにてご用意いただいたプログラムの動作に関しましては、弊社はサポート及び動作保証は致しかねますので、予めご了承ください。


標準CGI
弊社提供のCGIがコントロールパネル よりインストールが可能です。

簡易掲示板、スレッド式掲示板、アクセスカウンタ、フォームメール、SSI用CGI

各CGIのインストール後のご利用方法などに関しましては、弊社ホームページ上にてご案内申し上げております。ご確認ください。


※プラン変更、他社からの移転により、
ドメイン名でYSシリーズのサーバーへ接続できない場合には、
標準CGIの管理画面へアクセスすることができません。

恐れ入りますが、ドメイン名で接続を確認後、
設定および、動作確認をおこなっていただくようお願いいたします。



■共用SSLについて

    YS-03プラン以上のプランをご利用のお客さまでは標準で共用SSLがご利用可能です。
ドメイン名管理者やサイト管理者、一般ユーザーでコントロールパネルへログイン後、「個別ユーザー管理」の「ユーザー情報」にて「共用SSL URL」が確認できます。
共用SSLのご利用方法はこちらから。

※共用SSLを利用した場合には、画像のリンク先を相対パスで指定していないと
表示されませんのでご注意ください。

※YS-01/YS-02プランではオプションにて共用SSLをご利用可能です。


 


■独自SSLについて

  YSシリーズでは、共用SSLの他、独自認証がご利用いただけます。

詳細はこちらをご覧ください。

コントロールパネルでの各種設定ご利用方法については、コントロールパネルユーザーズガイドをご覧下さい。

 



Copyright (c) GMO GlobalSign Holdings K.K. All Rights Reserved.