@YMC RENTAL SERVER SERVICE お知らせお問い合せ各種申請
YSシリーズ マネージドサーバー カスタムサーバー その他のプラン お問い合せ 各種申請
YSシリーズ
ガイドコンテンツ
トップページ
ログイン方法
個別ユーザー管理
ショップ作成
ユーザー管理
商品管理
注文管理
会員/紹介者管理
メール管理
競売/共同購入
プロモーション
ユーザー管理
FTP
独自ページ入力
独自デザインオプション
商品管理 【基本商品登録管理】

カテゴリー管理

  1. カテゴリー登録/修正/削除

    [カテゴリーの新規登録方法]
       
    • 商品カテゴリー設定・・・分類するカテゴリー名を入力します。
    • サブカテゴリー ・・・
      サブカテゴリーあり カテゴリー>サブカテゴリー>商品
      販売する商品の種類が多い場合に分類する方式で大部分のショップで選択するタイプです。 ショップ運営者が多様な方式で該当の分類を定義することができます。
      サブカテゴリーなし カテゴリー>商品
      販売する商品の種類が多くない場合に分類する方式で直接商品を生産する製造業社などで多く 選択する分類方式です。

      商品数が多い場合カテゴリー下にサブカテゴリーをさらに設定する。
      商品数が少ない場合にはサブカテゴリー無しで管理する。

      <入力例-1> カテゴリ分類

      <入力例-2>
      カテゴリー名 サブカテゴリー名 個別商品
      ファッション雑貨女性衣類 女性衣類 個別商品登録
        男性衣類 個別商品登録
        時計 個別商品登録
      家電製品 TV 個別商品登録
        冷蔵庫 個別商品登録
        洗濯機 個別商品登録
      アクセサリー用品(サブカテゴリー無し) 無し 個別商品登録
      イベント(仮想カテゴリー)   仮想カテゴリー登録


    • 価格固定型共同購入・・・共同購入形式のデザイン。
      各カテゴリーごとに価格固定型や一般型の中で選択することができます。
      (ショップ作成>>基本デザイン設定>>カテゴリー別画面デザインでも選択可能)
    • 商品陳列/詳細デザイン選択(基本デザイン設定でも可能)・・・
      商品を陳列する方式をデザインテンプレートの中から選択する。
    • 商品基本整列方法 ・・・ 希望の整列方式を選択する。
      「商品登録/修正日付順」を選択することを勧奨 : 商品の順番を自由に調整することが可能
    • カテゴリー属性
      1. 基本カテゴリー・・・一般的なカテゴリー
      2. 仮想カテゴリー・・・既存カテゴリー商品を他のカテゴリーでも一緒に見るようにする方式で、既に登録した商品に対して違う カテゴリーで見えるようにするためにまた入力をする必要がない便利な機能である。 カテゴリー属性で仮想カテゴリーを選択した場合、必ず「商品登録管理」ではない[附加商品登録管理]>[仮想分類商品登録]で既存商品を リンクしなければならない。 1つの商品を複数のカテゴリーで表示できる機能です。仮想カテゴリー自体には商品は登録できません。 既存の商品とリンクさせるだけです。
    • 商品カテゴリーリスト・・・カテゴリーリストの配列順序を変更することができます。

      例) "男性用香水(仮想カテゴリー)"を一段 上位に移動した後保存した状態。
      商品カテゴリリスト
      1. 順番を変更するカテゴリーを選択する。
      2. 上向きの移動矢印を選択する。
      3. 下向きの移動矢印を 選択する。
      4. 保存ボタンをクリックして順番を変更する。
      商品カテゴリリスト(カテゴリ選択)  

    [カテゴリーの新規登録方法]  
    1. 商品カテゴリーリストで修正するカテゴリー名を選択します。
    2. 修正ボタンを押します。
    3. 左側で内容を変更します。
    4. 変更デザインサンプルを選びます。
    5. 追加/保存ボタンを押します。
    価格固定型共同購入のオプションを変更する場合には "はい"、"いいえ"を選択した後に商品陳列詳細デザイン選択でデザインを変更すると反映されます。

    分かって 使えば良い機能
    カテゴリー名を入力する時HTMLタグを利用して 分類名の強調や色の変更などもできます。
    しかしショップページのカテゴリー名にHTMLタグは反影されるが、商品カテゴリーリスト上ではHTMLタグは見えません。 ただ、修正の時にはHTMLタグが表示されて編集が可能です。

    次の図はカテゴリー"家電製品"を赤色で 太く表現するHTMLタグを反映したものです。
    <font color="red"></font> : 字を赤色で
    <b></b> : 太字に
    カテゴリ管理
    下図は管理者ページの右側上端にあるMyShopをクリックしてプユーザー評価した画面。
    カテゴリー名 "家電製品"が赤色で太く表現されています。
    プレビュー評価画面
    [カテゴリー 削除]  
    1. 商品カテゴリーリストで削除するカテゴリー名を選択します。
    2. 削除ボタン押します。

  2. 商品サブカテゴリー登録/修正/削除
    商品カテゴリーリスト : カテゴリーで登録したリストが表示される。 カテゴリー登録の時"サブカテゴリーあり"にチェックした項目だけサブカテゴリーを入力することができます。 "サブカテゴリー 無し"で選択した項目は(サブカテゴリー無し)と表示されます。

    [サブカテゴリー入力方法]
     
    次の図の手順によって入力する。
    1. 商品カテゴリーリストでサブカテゴリーを入力するカテゴリーを一つ選択します 。
    2. 商品サブカテゴリー名入力欄にサブカテゴリー名を入力します。
    3. 追加/保存ボタンを押します。
    サブカテゴリ入力
    [サブカテゴリー修正]  
    次の図の手順によって入力します。
    1. 商品サブカテゴリーリストで修正するサブカテゴリー名を選択します。
    2. 修正ボタンを押します。
    3. 商品サブカテゴリー名入力欄に現われたサブカテゴリー名を修正します。
    4. 保存ボタンを押します。

    [サブカテゴリー削除]
     
    次の図の手順によって入力します。
    1. 商品サブカテゴリーリストで削除するサブカテゴリー名を選択します。
    2. 削除ボタン押します。

    [配列順序]
     
    次の図の手順によって入力します。
    1. 配列を変更するサブカテゴリーを選択後、矢印を利用して上、下に移動します。
    2. 保存 ボタンを押すと最終的に反影される。 (保存ボタンを押さなければ反影されない。)
    サブカテゴリーでもHTMLタグが反影されるが、 商品サブカテゴリーリスト上ではHTMLタグは見えない。ただ修正の時には表示され修正することができます。

  3. 商品登録管理
    ショップの商品を登録/修正/削除することができます。 カテゴリー登録の時の"一般カテゴリー"にだけ登録することができます。 (仮想カテゴリー除外)

    [商品登録順序]
     
    次の図の手順によって入力する。
    1. "カテゴリー選択"で商品を登録しようとするカテゴリー名を 選択します。
    2. "サブカテゴリー選択"で商品を登録しようとするサブカテゴリー名を選択します。
    3. サブカテゴリー名を選択すれば下端に商品を入力することができる入力窓が表示されます。

    [商品登録順序]            
    商品名 商品の名前を入力します。
    商品コード 自動に入力されます。
    価格 販売価格 : 最終価格
    定価 : もともとの価格("0"を入力すれば、表示しない。)
    購入価格 : 原価
    ポイント : 販売商品に対するポイント
    商品陳列可否 商品の製造元入力
    原産地 商品の原産地入力
    数量 品切れ、無制限、数量(在庫:残った数量を個別入力)
    最小注文限度/最大注文限度 一度に購入できる最小注文数と最大注文数を設定することができます。
    陳列位置 トップページおよびカテゴリーページの商品ディスプレー設定。 "新商品" 、 "スペシャル商品" 、 "おすすめ商品" 、 "カテゴリーのおすすめ商品"の中から選択可能。
    商品グループ グループを作り商品を登録すると、商品詳細に同じグループの商品画像が表示されるようになります。類似商品や、セットで販売したい商品を登録してください。
    検索語 ショップで該当の商品を検索する時使われる検索用語
    商品別特殊表示 商品の備考を表示する。
    (例えばオプションがひとつの場合表示する。(香水は用量表示、 TVは17インチ等)
    オプションタイプ選択 オプションタイプ選択オプションタイプ選択
    オプション名
    オプションタイプ
    商品陳列可否 見せる/見せないを選択できます。
    "見せない"を 選択すれば商品の登録をおこなっていてもショップに陳列されません。
    イメージ
    1. 拡大画像 : 拡大した時見える大きさの画像(350×350)
    2. 普通画像 : 詳細画面で見える画像(180×180)
    3. 縮小画像 : カテゴリー画面で見える画像。トップページで見える画像(80×80、90×90)
      ()中のサイズは勧奨サイズ

    注意事項
    1. 表示縮小画像サイズを120X120より大きくすれば自動補正をします。 しかし、自動補正では思ったように画像がきれいに出ない ことがあるので、画像はPhotoshopで勧奨サイズに加工することをおすすめします。
    2. 一度に商品イメージをアップロードする場合は、3つの合計ファイル容量が150 K byteが超えないようにする。
    3. 3つのイメージファイルの合計が 150 K byteを超える場合は一つずつ別にアップロードする。 拡大画像の場合、ファイル容量が150 K byteまでアップロードすることができます。
    4. イメージ形式はjpgやgifフォーマットイメージファイルとする。
    5. ファイル名前には 全角、空白、特殊記号が含まれてはいけない。
    6. 大拡大画像下のチェックボックスをチェックすれば拡大画像から自動的に普通画像、縮小画像を生成します。
    商品詳細内容入力 商品詳細情報欄に表示される商品の詳細情報を入力する。

  4. トップページ商品の配置
    トップページの新商品、おすすめ商品、スペシャル商品の登録/削除/順序の設定が可能。
    トップページ商品の配置で商品を選択した後、削除をするなどの作業は商品が実際に削除されるのではなくトップページで表示されないようになるだけです。
    [商品登録管理]で商品を入力する時、陳列位置を選択したらトップページ商品の配置でリスト表示されます。

    [サブカテゴリー入力方法]
     
    サブカテゴリ入力方法
    トップページの配列順所調整
  5. 商品の配置
    商品の順序ではカテゴリーの[商品基本整列方法]が[商品登録/修正日付順序]になっていれば適用可能です。
    サブカテゴリーがあるカテゴリーの場合サブカテゴリーの順序を変更すれば該当のサブカテゴリーの商品が一番上に位置するようになります。
    全体的に変更する場合[カテゴリー全体]を選択して、順序を変更すること可能です。

付加商品登録管理

  1. ポイント一括修正
    全体ポイント一括修正 カテゴリー選択をしないで全てのカテゴリーのポイントが該当の条件に変更。
    カテゴリーのポイント一括修正 サブカテゴリーあるカテゴリーの場合、カテゴリーさえ選択すれば選択されたカテゴリーの全てのサブカテゴリーのポイントが変更。
    サブカテゴリーのポイント一括修正 サブカテゴリーを選択して適用すれば、その該当のサブカテゴリーのポイントが該当の条件に変更。
    ポイントを一括で修正することができます。
    • 一括金額 : 一括で適用する金額を入力。
    • 単位金額 : 販売金額の%を一括で修正。
    例)販売価格が15,200円の商品を販売金額の10%を100円単位で切り捨て処理すると、 ポイントは1.500ポイントとなります。

    [注意事項]
     
    数字を入力する時はコンマ(、)なしに入力します。
    ポイント一括閲覧]ボタンを押せば該当のカテゴリーのポイントを一括で見れます。

  2. 商品価格一括修正
    イベント期間の間適用される価格調整の時などに使う。 方法は"ポイント一括修正"と等しいです。
    • [一括商品価格表示]ボタンを押せば該当のカテゴリーの一括内容が見れます。
    • 数字を入力する時はコンマ(、)なしに入力します。

  3. 見積書商品管理
    見積りが必要な顧客に提供される便利な機能です。
    "ショップ作成>>附加 運営情報>>商品見積書機能"で見積書機能使用をチェックした場合に適用されます。

    [見積書商品管理方法]
    1. 商品カテゴリーリストで見積書に追加するカテゴリーまたはサブカテゴリーを選択します。(カテゴリーとサブカテゴリーが同時に表示される。)
      見積書にはここで選択されたカテゴリー(サブカテゴリー)のみが表示されます。
      下位サブカテゴリーが選択されたカテゴリーである場合は入力することができない。
    2. 追加/保存ボタンを押します。
    3. 商品カテゴリーリストにリストが表示されます。


      ***選択した商品が見積書の内容に含まれた"オンライン見積書"です。

      [Online見積書 使用方法]
      1. 各項目別で商品を選択です。
      2. "印刷"ボタンを 押してプユーザー評価して、必要ならば直接印刷します。

  4. ユーザー評価管理
    商品のユーザー評価(感想)を削除/管理者認証等管理することができます。
    "ショップ作成>>附加運営情報設定>>ユーザー評価"でユーザー評価機能使用をチェックした場合に適用されます。
    商品名、会員ID、最多ユーザー評価作成者を検索基準にして全体ユーザー評価、認証されたユーザー評価、認証されていないユーザー評価で照会できます。

    認証されたユーザー評価
    : 管理者が"認証"ボタンを押して認証をしたユーザー評価を行います。
    • 名前をクリックすれば該当の会員の情報が見れます。
    • IDをクリックすれば該当のIDに登録されたユーザー評価が見れます。
    • ポイントをクリックすれば該当会員にユーザー評価によるポイントを付与して適用することができます。
    • 商品名をクリックすれば詳細情報が見れます。
    • 同一商品をクリックすれば同じ商品のユーザー評価が見れます。

  5. 商品移動・コピー
    商品の分類を移動するとかコピーすることができます。
    イベント関連カテゴリーを作った後、既存商品を移動/コピーして販売する時や特定商品たちを他名類に移動しようとする時使います。

    [複写/移動方法] : 下図参照
     
    1. "商品カテゴリー選択"でコピーするとか移動するカテゴリー名を選択する。"カテゴリー選択"で商品を登録しようとするカテゴリー名を 選択します。
    2. 商品のサブカテゴリーでサブカテゴリー名を選択します。
    3. 下端に現われた商品中複写/移動する商品をチェックします。
      ("page全体商品 選択"で一度に多くの商品選択可能)
    4. "分類選択すること"ボタンをクリックします。
    5. "分類移動 コード選択"活性化に。
      複写/移動する カテゴリーとサブカテゴリーを選択します。
    6. "選択"ボタンを押します。
    7. "移動する分類コード"と"分類コード名"が 自動に入力されます。
    8. 選択商品分類複写 : 選択した商品をあたる 分類でコピーします。
      選択商品分類移動 : 選択した商品をあたる分類に移動させます。
    商品移動/コピー
    [注意事項]  
    分類移動の時にはユーザー評価も複写になるが、分類複写の時には複写の時ユーザー評価は複写されません。
  6. 仮想分類(テマモル)登録
    商品カテゴリーの時仮想分類に登録した場合に当たります。
    もう登録されている商品をリンクだけかけて使います。

    [登録方法]
     
    1. "仮想カテゴリー選択"で分類名選択。
    2. "仮想サブカテゴリー選択"でサブカテゴリー名選択、サブカテゴリー無しである場合はサブカテゴリー無し選択 。
    3. 複写商品選択の"商品カテゴリー選択"から仮想カテゴリーでコピーするカテゴリーを選択 します。
    4. 複写商品選択の"商品サブカテゴリー選択"から仮想カテゴリーでコピーするサブカテゴリーを選択 します。
    5. 選択した分類名にあたる商品が下端に現われます。
      仮想カテゴリーに登録しようとする商品をチェックします。
    6. "選択商品仮想 分類でコピーすること"ボタンをクリックします。
    7. 仮想分類登録リストに登録した商品が下 絵の一緒に現われます。
    仮想分類管理・コピー商品選択

    仮想分類管理

    [削除/複写]  
    仮想分類で入力された商品を削除するとかコピーすることもできます。
    しかし仮想分類には実際商品が複写されるとか削除されない。 ただリンクなだけです。
 

登録商品総合管理

  1. 商品分類別、一括管理
    • 数多い商品を管理する際に便利です。
    • 分類別に確認の必要がある商品のカテゴリーを選択してください。
    • 整列方法で“価額順”“商品名順”"製造社順”などに整列し、管理することが可能です。
    [注意事項]
    1. 数字入力の時コンマ(、)をないように気を付けてください。
    2. [オプション商品]の場合オプションによる価格変動商品なので基本 価格だけ変更されます。

  2. 全体商品キーワード検索
    基本商品登録管理>>個別商品登録で商品を登録する時入力した商品キーワード路検索になります。

  3. 品切れ商品検索管理
    • 全体問い合わせ : 全体問い合わせをするためにはカテゴリーを[カテゴリー全体]で選択して問い合わせボタンを押します。
    • 品切れになった商品に数量を入力すれば、商品が販売商品に変更になって、品切れリストには見えません。
    • 削除機能は商品をショップデータでまったく削除することなので、商品情報が復旧されません。

  4. 全体商品ストック管理
    ショップの全体商品を一度に検索可能。 商品の現在状況を一目瞭然するように検索管理が可能。



Copyright (c) GMO GlobalSign Holdings K.K. All Rights Reserved.